• ホーム
  • YouTubeの動画配信で稼ぐ方法とは?配信する内容は様々!

YouTubeの動画配信で稼ぐ方法とは?配信する内容は様々!

紙幣を持って笑っている美人

動画投稿サイトYouTubeを活用すれば、自分で制作した動画をアップして配信をすることができます。動画配信をして多くの再生数が得られたら、広告を掲載することで収入を得ることが可能です。広告料は再生数やクリック数に応じて自動的に収入が得られるので、自動収益を得たい人におすすめです。自動収益を得る方法以外にも、動画コンテンツを作成してYouTubeにアップしてから自分のブログやサイトに組み込んで再生をする方法もあります。

YouTubeにチャンネルを開設して動画配信をする人のことを、YouTuberと呼びます。YouTuberの中には数十万回もの再生数を得る人もいて、広告料収入で生計を立てている人もいるほどです。アクセス数が多いユーザーはアドセンスに登録をして、広告料収入を得ることができます。視聴者がCM動画を視聴したり広告をクリックすることで、報酬が得られる仕組みです。

YouTubeの広告は数十秒間の動画が流れるタイプと、静止画でバナーが表示されるタイプの2種類があります。スキップが可能な動画CMについては、30秒以上再生されると報酬が発生します。ディスプレイ広告は、クリック数に応じて報酬が発生する仕組みです。動画CMの単価ですが、1再生あたり2銭~20銭ほどです。ちなみに、チャンネル登録者数・再生回数・コンテンツのジャンルなどによって単価が変わります。

YouTubeの動画配信で広告料収入を得るためには、再生回数を得ることができるようなコンテンツを制作する必要があります。配信するコンテンツは、自分が得意な分野から自由に選べます。コピーコンテンツを配信するとチャンネルが削除されてしまうため、オリジナルのコンテンツを制作・配信する必要があります。

YouTuberの中にはバラエティ番組風に出演者がトークをしたり、製品や観光スポットの紹介をする人がたくさんいます。バラエティ動画を多く配信することで、日本中で有名になってしまったYouTuberがいるほどです。

最近は、受験生や資格取得を目指す人向けに制作された講義系のコンテンツも人気を集めています。塾や予備校関係の仕事をしていて、受験生向けの英語や数学の講義ビデオを制作して配信をしてお金を稼ぐYouTuberがいます。受験対策や資格取得のための講義の他にも、無料で外国語会話のレッスンが受けられる講義系動画もあります。

自分で顔を出したくない場合は、ゲーム実況や飼育しているペットを撮影した動画を配信する方法があります。ゲームプレイ中にパソコンの画面録画機能で撮影した動画を編集すれば、簡単にゲーム実況動画が作れます。趣味で犬や猫などのペットを撮影した動画が手元にあれば、編集をしてアップすることができます。デジカメやスマホで撮影したペットの写真を利用して、スライドショー風の動画を制作する方法もあります。

関連記事