• ホーム
  • ヤフオクやメルカリを使い転売で稼ぐ方法とは?誰でも簡単にできる!

ヤフオクやメルカリを使い転売で稼ぐ方法とは?誰でも簡単にできる!

多くの人はインターネットを利用した通販サイトに登録をして、オンラインショップで買い物をしています。オンラインショップ以外にも、個人が不要品を販売して購入をするケースもあります。インターネット上のオークションサイト個人間で物品の売買を行うことで、簡単にお金を稼ぐ方法があります。

安値で販売されている古本を安く購入して価値のわかる人に高値で販売する、せどりと呼ばれる取引が存在します。現在は古本に限らず、他の物品もオンライン上のオークションサイトで出回っています。このような転売ビジネスは、一部のマニアの間で人気のあるゲームソフトや希少性の高いエラーコインなどの硬貨・フィギュア・限定販売されたマニア向けのグッズなど、多岐に及びます。

特定の分野に詳しい方であれば何かの品物を欲しいと思っている人の代わりに購入して、利益を上乗せした価格で販売をするせどりでお金を稼ぐ方法があります。インターネット上で転売をする場合は、ヤフオク・メルカリ・Amazonなどの転売サイトが活用できます。

一般的に販売目的で物品を仕入れて、別の人に販売をする行為は違法行為ではありません。お店は問屋から新品の商品を仕入れて在庫を保管して、販売をして利益を得ています。ヤフオク・メルカリ・Amazonは、個人間でも不要品の売買を行うためのサービスです。中古品を継続的に仕入れて他の人に販売をする場合は、古物商許可を得る必要があります。自分で使う目的で入手した物品を他の人に販売するだけであれば、古物商許可は不要です。

古物商許可は、チケットショップや骨董店を運営する場合に必要です。海外のフリマで買った物品を輸入する際は、販売目的で仕入れた商品を売る場合でも古物商許可は不要です。英語が得意な人であれば、海外から中古品や新品を個人輸入して日本国内で転売をすることでお金を稼ぐ方法があります。

オークションサイトを活用すれば、海外に品物を輸出して利益を得ることも可能です。海外で販売されていない日本の製品を出品すれば、高額の値段で落札されるケースがあるからです。海外に品物を輸出する際は、追跡が可能な国際スピード便を利用します。ただし、国内で仕入れた中古品を海外に転売する場合は古物商許可が必要なので注意が必要です。

転売ビジネスで稼ぐ場合の注意点は、ヤフオクなどの国内のオークションサイトでコンサートのチケットなどを出品すると違法行為(ダフ屋)になる恐れがあることです。過去に、ファンクラブなどに加入して安く仕入れたチケットを高額で転売した人が警察に検挙されています。チケットの転売は違法ですが、コンサートなどで購入した限定グッズなどであれば問題はありません。

転売ビジネスは、利益率が大きいというメリットがあります。ただし商品が売れなければ在庫を抱えてしまったり、違法行為になる恐れがあるので注意が必要です。

関連記事