• ホーム
  • クラウドソーシングで稼ぐ方法とは?自由に選んで働ける!

クラウドソーシングで稼ぐ方法とは?自由に選んで働ける!

PCの前で携帯使っている人

インターネットを活用すれば、在宅ワークでお金を稼ぐことができます。仕事の内容として、イラスト作成・プログラミング・記事作成・データ入力作業などがあります。サイト全体をデザインしたり、ブログ記事作成の代行などのお仕事もあります。

インターネットを利用した在宅ワークといえば、個別に業務委託の契約を結んで受注する方法が一般的でした。現在も委託業務の形で仕事をすることが可能ですが、最近は自由に仕事を選んで完成品を納品するクラウドソーシングが増えています。クラウドには不特定多数という意味があり、サイトに登録をしたユーザーが自由に仕事を選んで働くことができます。

クラウドソーシングで在宅ワークをする方法ですが、最初にサイトに登録してアカウントを作成します。IDとパスワードを入力して会員専用画面を開くと、募集中の仕事が表示されます。自分でできそうな仕事を選び、納品期限までに定められた条件で文章・画像の作成やデータ入力などの作業を行います。納品されたデータに問題がなければ報酬が支払われ、指定した銀行口座に振り込んでもらいます。

初心者の方がクラウドソーシングで働く場合には、記事作成(ライター)のお仕事がおすすめです。指定された内容・文字数の記事を作成して、承認されると報酬が支払われます。プログラミングやサーバー管理などの知識や技術があれば、高単価の案件が選べます。

クラウドソーシングで有名なサイトは、クラウドワークスとランサーズです。クラウドワークスは、文章やイラストの作成・サイトデザイン・データ入力のお仕事が多いです。ランサーズは専門性が高い仕事が中心で、プログラミング・Webデザイン・翻訳・システム運用などの案件が用意されています。クラウドワークスやランサーズ以外にも、インターネット上のコンテンツ記事作成のサイトがあります。

クラウドソーシングの大きなメリットは、自分ができそうな仕事を自由に選択できることです。選択の幅が広く、自分の得意・不得意分野や働くことができる時間に応じて自由に仕事を選べます。クラウドソーシングでは運営会社が仕事を受注したり報酬の支払いをするので、サイト利用者は依頼主から仕事を受注したり報酬のやり取りをする必要がないというメリットもあります。

クラウドソーシングのデメリットは、個別に業務委託を受ける場合よりも報酬の単価が低いことです。一般的なWebライターのお仕事であれば、業務委託をすれば1文字あたり数円~数十円の報酬が得られます。これに対してクラウドソーシングでライターの仕事をする場合は、1文字あたり1円以下であるケースがほとんどです。クラウドソーシングは依頼主と直接連絡を取り合うことができないため、意向が伝わりにくいというデメリットもあります。

関連記事